前へ
次へ

たけのこは傷みやすいので気をつけよう

たけのこは低カロリーなうえにタンパク質が豊富で、食物繊維やビタミンも多く含まれています。
ダイエットに良いと言うことで、若い層からも注目されるようになってきました。
ダイエット効果が高いと言われる糖質制限食には、たけのこを使った料理がたくさんあります。
一般的な野菜は成長点が先端にしかありません。
たけのこは成長点が節ごとにあるため、生育スピードは他の追随を許さないです。
ただ、その分傷みも早いので注意が必要になります。
生のたけのこは時間が経過するほどえぐみが増すので、すぐに下茹ですることが重要です。
茹でると言っても、ただ湯の中に入れればいいわけではありません。
たけのこの下茹でのコツを知っておきましょう。
湯を沸かしたらぬかと唐辛子と一緒に皮ごとたけのこを入れ、50分程度弱火にかけます。
根元を竹串で刺し、スッと通ったら火を止めます。
茹で汁ごと冷まして皮をむいたら完成です。
茹でても傷みやすいので早めに食べきるようにしましょう。

Page Top